灰の話

c0039501_9325295.jpg薪ストーブで出た灰は一度バケツにためます。完全に火が消えた状態で処分します。処分の仕方もいろいろで、畑に撒いたり、我が家の場合は3年前に知り合った陶芸家の方に使っていただいてます。ナラの薪だけの灰ですのでとてもきれいです。

c0039501_9462185.jpgせっかくですので、陶芸家松尾かつみさんの柚木窯を紹介します。巨峰の産地で有名な牧丘の近くで、果物の木の釉薬で自然の風合いと温かみのある器をつくっています。

c0039501_9534791.jpg工房は山の上にあり、雄大な景色とすがすがしい空気に満ちています。

c0039501_9591243.jpg外にはこの薪の量です。いろいろな木の薪があります。結構肉体労働ですね。
c0039501_10205035.jpg
中に入ると杉の棚にたくさんの器があります。

c0039501_10302157.jpgお茶をいただきながら、いろいろな作品を見せていただきました。

c0039501_1032215.jpg2箇所の囲炉裏で暖をとっています。松尾さんの暮らしぶりがうかがわれます。ちょっとうらやましくなります。

[PR]
# by shin_kondo | 2005-02-24 10:35 | 薪ストーブ | Comments(4)

手漉き和紙

c0039501_9533528.jpgOMの立下りダクトに必ず手漉き和紙を貼って化粧していますが、写真は壁と障子に貼った例です。部屋全体がやわらかい光になります。この和紙はリーフペーパーといって草や葉を透きこんだものです。

c0039501_104992.jpgこれはフラワーペーパーです、花や草を透きこんだ紙で太陽の光がよりありがたくなります。この和紙はオーグさん和紙で、照明に使ってもきれいなんです。

[PR]
# by shin_kondo | 2005-02-13 10:11 | 暮らしのヒント | Comments(2)

もうすぐ春ですね

c0039501_16481155.jpg小さめの手ごろなイチゴが売っていたので、ジュムをつくります。春の楽しみのひとつです。
c0039501_1652342.jpg イチゴを煮ると家中イチゴのにおいでいっぱいです。煮すぎないのがコツみたいです。
c0039501_16533715.jpg
ワンパック298円を4パックですから、1192円で4瓶できました。ブリザーブスタイルといってイチゴの形を残したままで出来上がりです。食感が癖になります。
c0039501_16574354.jpg
パンに付けてもおいしいのですが、もっぱらヨーグルトに入れて楽しみます。ヨーグルトは花粉症に効くとのことで、毎日食べ続けるといいみたいです。

[PR]
# by shin_kondo | 2005-02-08 17:02 | 食べるもの | Comments(0)

干し柿

c0039501_1313711.jpg私は干し柿が嫌いだったのですが、数年前に塩山で出会った枯露柿を食べてからはまっちゃいました。この地方でとれる百メ柿という大きな渋柿でつくります。写真は今年我が家のベランダで干した物です。2週間位でこの状態です。中身はアンポ柿状態でまさにゼリーのようです。超高級な和菓子って感じです。

c0039501_1332171.jpg写メールの写真なので、ボケていますが11月頃の塩山はこんな感じの家がたくさんあります。実に見事で写真マニアも大勢きています。一見の価値はありますよ。OMと同じで、お日様の力だけで本当においしくなるものです。

[PR]
# by shin_kondo | 2005-02-04 13:09 | 食べるもの | Comments(0)

焼いた!焼いた!

c0039501_8541251.jpg日本列島大寒波で我が家のストーブも大活躍。まずは、王道、焼き芋です。私はさつまいもは苦手なんですが、これはうまいですよ!

c0039501_859324.jpg次は大根を焼いちゃいました。これまたジューシーであまくて美味です。薪ストーブって本当に何を焼いてもおいしくなります。

c0039501_942587.jpg最後はダッチオーブンを使ってスペアリブを赤ワイン風味でいただきました。・・・満足・・・

c0039501_994630.jpgにおいに期待を膨らませるハナです。

[PR]
# by shin_kondo | 2005-02-03 09:08 | 食べるもの | Comments(0)

オリジナル時計

c0039501_1337587.jpg当社オリジナル時計です。・・・なんて・・・OMの立下りダクトを通す穴を開けた時に切り取った板で作りました。いわば再利用商品です。でも手間はかかっています。当社の監督の力作です。

c0039501_13472446.jpgこの角度だと、Jパネルだということがバレバレです。一応仕様は、Jパネル杉、オスモカラーエキストラクリアー仕上げ、針は檜でオスモカラーワンコートオンリー仕上げ、機械部はダイソー製です。もっともらしいでしょ!

[PR]
# by shin_kondo | 2005-02-01 13:54 | 暮らしのヒント | Comments(0)