お宝!

c0039501_1822396.jpg10年位前に購入したワインです。1986年のラフィットと1994年のムートンで、二人の息子のバースデイビンテージです。2本ともボルドーの5大シャトーと言われる物の2銘柄です。成人式に開ける予定なんですが、早いもので1本は来年飲めるわけです。
実は私はお酒が苦手なんですが、唯一おいしいと思って飲めるのが赤ワインです。まあ、香りと一口だけでも満足してしまいますが・・・
こんなこと言ったらワイン好きに叱られそうですが・・・

[PR]
# by shin_kondo | 2005-04-11 18:36 | 食べるもの | Comments(10)

こいのぼり

c0039501_16344121.jpg東京では最近あまり目にしなくなりました。我が家の近くでも少なくなり、このお宅だけは毎年立派なこいのぼりが泳いでいます。近所でもここのこいのぼりは、結構有名です。

私も子供が小さいころ、よくこのこいのぼりを見せてやりました。
(へたすると、こいのぼりの本物を知らないで育っちゃうと思って・・・)
[PR]
# by shin_kondo | 2005-04-08 16:42 | Comments(13)

床のお手入れ

c0039501_16332916.jpgあまりにも有名な小川さんの蜜蝋ワックスです。当社でも無塗装の床の場合はほとんどこの蜜蝋で仕上げています。乾燥に時間がかかりますが塗るのは簡単です。また、においが独特(イヤにおいではないです)で、当社の監督が家に帰ると、娘さんから「パパきゅうり臭い」と言われるそうです。

c0039501_16395648.jpgデンマーク、トリップトラップのナチュラルソープという汚れ落とし・保護材です。原料は大豆やココナッツで10倍に薄めてつかえるので、リーズナブルです。北欧ではソープ仕上げが主流と聞きましたが・・・

[PR]
# by shin_kondo | 2005-04-07 16:46 | 暮らしのヒント | Comments(5)

ビュッフェレストラン

c0039501_20441282.jpgc0039501_20442364.jpg

c0039501_20453836.jpg土日と出勤してやや疲れたので、スタッフ一同で地元で食事をすることになりました。ここはこだわりのある食材を扱うスーパーfukusimayaが経営する菜厨る(ナチュール)というビュッフェスタイルのレストランです。食材がよく野菜が豊富でとても美味しいです。

c0039501_2057825.jpgまずはサラダから、白セロリとベビーリーフ、菜の花、キャベツとセリ、ごぼうとレンコンなどの組み合わせです。

c0039501_210129.jpgセイロで蒸した温野菜(大根・たまねぎ・ジャガイモ・さつまいも・カボチャ)を、モンゴルの古代天日塩で・・・

c0039501_212176.jpgピクルスの盛り合わせ、ごぼう・にんじん・きゅうり・レッドオニオン・プチトマトです。トマトが絶品

c0039501_2175288.jpg本日のパスタ2品、アサリのトマトソースとイカとほうれん草のペペロンチーノ

c0039501_2194956.jpgパルミジャーノのリゾットと小エビのグラタン。リゾットは大きなパルミジャーノのなかであえたものです。

c0039501_21150100.jpg

左からコロッケと地鶏のフライ・水郷赤鳥の炭火焼き・館ケ森高原豚の炭火焼き。肉がジューシーで甘い感じです。

c0039501_2121113.jpg私は和風に、古代米と黒地鶏ネラの団子汁と漬物で

c0039501_21232267.jpg吉野はジャガイモのカレーに野菜のフライです。


もう、お腹いっぱいです。実はこの他にもフルーツのシロップ漬け、白玉、ヨーグルトのシャーベット、チョコレートケーキ、黒豆茶、コーヒー、カモミールティーなど今考えると恐ろしい位に食べました。本当にどれもきちんとした料理で、ビュッフェのイメージが変わります。しかも一人前1980円で、子供1050円です。そのため土日はほとんどパンク状態です。このお店がもし、世田谷にあったら、倍の価格でいけるでしょう。・・・あー、これでまた太るんだろな・・・
[PR]
# by shin_kondo | 2005-04-05 21:42 | 食べるもの | Comments(6)

見学会終了

c0039501_1372533.jpg2日間の見学会も無事終了しました。なかな好評をいただき大変うれしく思います。遠いところからのご来場もありましたので心よりお礼申し上げます。
また、こういう家を造っていることや、こういう家にお住まいの方がいるということ、そしてそれが身近で決して高価ではないことを、もっともっとアピールしなければいけないと実感しました。

c0039501_1374633.jpg
玄関を入ると、明るい土間で「うあ~!」、リビングに入って「すご~い!」という声が聞こえると、本当にうれしくなります。

c0039501_138121.jpg予想通り草木染めの手漉き和紙(ウォールナット染め)は大変好評でした。


意外とうけた小物

c0039501_13104766.jpg郵便受けです。寒い冬も外に出ないで新聞や郵便物を取ることができます。

c0039501_1314376.jpg造作した洗面台ですが、複雑な家具工事を入れず、杉板に溝をつけて、ガラス板を棚にした小物置きをつくりました。棚は当然段を変えて調整できます。

[PR]
# by shin_kondo | 2005-04-04 13:21 | 暮らしのヒント | Comments(6)

           「土間のある家」 完成見学会
             4月2日(土)、3日(日)
             10:00~17:00
             日野市新町5丁目

            詳細は住宅工房まで・・・
            TEL 042-579-7770
            FAX 042-579-7778

c0039501_17245836.jpg南側のデッキも完成です。約20㎡はあります。土間からのつながりを意識したので、少し低めの設定ですが、これが意外と落ち着きます。

c0039501_17292456.jpg対面式のオープンキッチンです。棚板の高さも低めで、より開放感を出しています。キッチンはシンプルに必要最低限のものしかありません。シャープな印象に造りたくて、ヘアラインステンレスの天板は水返しなしでスクエアなラインを強調しています。

c0039501_17342056.jpg土間部分の明かり取りの窓に桧の格子をつけました。外観のアクセントと中に入る光の調整になります。

[PR]
# by shin_kondo | 2005-04-02 08:20 | 見学会 | Comments(0)