基礎工事

c0039501_16573287.jpg
「福生の家」が着工になりました。現在基礎工事中です。
1階に店舗部分があり、基礎の開口部が多いのでグリットごとに地中梁を施工します。
割栗を転圧して目潰しの砕石を施工した状態です、溝の部分が地中梁になるところです。
[PR]
# by shin_kondo | 2005-12-22 17:01 | 福生の家 | Comments(4)

点検口

c0039501_1653489.jpg床下の点検口を手作りしました。ここは畳が入るところなので開けばいいのですが、結構キレイにできていましたので写真をとりました。
丸い穴が指をかける所です。

c0039501_16532431.jpg次のふたは断熱材です。指をかける穴は大工が切りましたが、少し芯がずれたことをとても悔やんでいました。

c0039501_16533624.jpg開けるとコンクリートの土間が見えます。いざと言うときの点検口ですが、何か隠しておけるかも・・・
[PR]
# by shin_kondo | 2005-12-17 17:02 | 立川の家 | Comments(2)

地鎮祭(起工式)

c0039501_19193539.jpg
お施主様がクリスチャンなので、キリスト教の起工式を体験しました。
言葉も解りやすく、結構イイものでした。賛美歌はちょっと照れましたけど・・・

私自身は特に信仰する宗教はありませんが、自然界に生きるかぎり誰でも目に見えない力に動かされているのではないでしょうか・・・磁力や引力や時間と呼ばれるものや・・・
経験上、偶然の一致、虫の知らせなども感じたことがあるのでは・・・

地球に生きているかぎり、人間なんかよりもっと大きな自然の力の中で、生かされいることを認識しなければ環境問題なども解決しないでしょうし・・・
自分の中の良心やいろいろな関わりの中で生きているということを忘れなければ、偽造の計算書なども作れるわけはないと思います。

なんて、とりとめのない話になってしまいましたが・・・・太陽や風を感じ、自然の力に逆らわずに暮らせる家を造っていけたら・・・と思っています。
[PR]
# by shin_kondo | 2005-12-14 19:44 | 福生の家 | Comments(2)

化粧なおし

c0039501_15332927.jpg2年ほど前に、お引渡ししたお宅です。漆喰の外壁に数箇所クラックが入ってしまいました・・・残念・・・
思い切っったイメージチェンジのご提案に賛同していただき・・・このとうりです。(米杉貼り)

お施主様も・・・ここにツタでもはわして緑化しようか・・・なんて言っていました。

c0039501_1534999.jpgこちらのお宅も薪ストーブがあって、土間にストーブ関係のものがいい感じに置かれていました。
ストーブライフをエンジョイしているのが伺えます。

・・・当然室内はぽっかぽかでした・・・

[PR]
# by shin_kondo | 2005-12-11 15:41 | 暮らしのヒント | Comments(8)

c0039501_11542198.jpg柱と梁がずれちゃった・・・って
意図的にずらしてるんです。

c0039501_11543962.jpg秘密はこのサッシとクレセントです。
この柱は化粧で表しになる為、クレセントとの関係が微妙なところでした。

c0039501_11545229.jpg窓の全体はこんな感じになります。ちょっと見、FIXに見える感じを意識しています。
[PR]
# by shin_kondo | 2005-12-06 12:02 | 立川の家 | Comments(6)

羽村の家 完成!

c0039501_11532984.jpgガルバリュウムと左官工事でご紹介した塗り壁の仕上げです。
左官材料は大理石の砂をまぜた通気性のある材料です。

c0039501_11534213.jpg天井は構造材を表し、床はレッドパインの無垢材に自然塗料を塗ったものです。

c0039501_1154179.jpg草木染めの手漉き和紙は、アクセントに使うのに便利で感じがいいです。
ブラインドも家にあわせて、和紙風(ポリエステル製)のものです。

c0039501_11541374.jpg吹き抜けになった階段部分です。
壁の仕上げは土佐和紙を使っています。


More 今回の和紙は
[PR]
# by shin_kondo | 2005-12-02 12:22 | 羽村の家 | Comments(4)